ようこそ、佐和公認会計士事務所のホームページへ

当事務所は、東京・神戸を拠点としており、

海外で事業を展開する日本企業に対して、会計・税務面を中心とした高付加価値サービスを提供する会計事務所です。

Infomation

 

2019年5月17日(金)・24日(金):

公益社団法人 日本監査役協会(関西支部)主催セミナーにて、「会計・税務の視点から見た海外事業展開上の留意点」について講演します。

 

2019年5月20日(月):

みずほ総合研究所(大阪)主催セミナーにて、「国際取引をめぐる経理実務」について講演します。

 

2019年5月30日(木):

公益社団法人 日本監査役協会(中部支部)主催セミナーにて、「会計・税務の視点から見た海外事業展開上の留意点」について講演します。

 

2019年6月17日(月):New

みずほ総合研究所(大阪)主催セミナーにて、「豊富な事例で学ぶ「海外子会社をめぐる資金管理の実務」入門」について講演します。

 

2019年6月25日(火):New

みずほ総合研究所(東京)主催セミナーにて、「海外子会社の経理資料の見方とモニタリング、不正検出のポイント」について講演します。

 

2019年8月8日(木) 【未定】:New

みずほ総合研究所(東京)主催セミナーにて、「海外子会社における内部監査のすすめ方」について講演します。

 

2019年9月11日(水) 【未定】:New

企業研究会(東京)主催セミナーにて、「海外事業の資金管理基礎講座-会計・税務・財務の複合的視点から-」について講演します。

Thoughts

 

 もはや死亡説が流れてもおかしくないくらいウェブサイトは更新していなかったのですが、昨年末に『英和・和英 海外取引で使える会計・税務用語辞典』を上梓しました。以前の『英和・和英 海外進出の会計・税務用語辞典』に比べると、語数がめちゃくちゃ増えたので、「単語を調べたけど載ってない」というストレスはかなり軽減されたと思います。
 また、英語つながりで、月刊『国際税務』では「国際税務の英単語」という連載を、週刊『税務通信』では「税務の英語・基礎の基礎」という連載を、それぞれ持たせて頂いています。辞典は単語を網羅的に出すことを目的にしていますが、連載のほうは1つの単語にまつわる色々なことを語れるので、それぞれ違った楽しみがあります。連載はどちらも軽いタッチで、脱力度合いはギリギリ『国際税務』や『税務通信』の名を汚さないレベルです(少なくとも、編集者の方々にはまだ怒られていない)。棲み分けとしては、「国際税務の英単語」は難易度的にはそんなに初心者に優しくない感じで、用語のチョイスはランダムです。一方、「税務の英語・基礎の基礎」のほうは、初心者向け、かつそれなりに体系的です。どちらも、気軽に読んでみて頂ければと思います。
 セミナーについては、以前ほどの頻度はなかなか難しいのですが、頑張って続けていきたいとは思っています。
 本業のことはあまり書けないですが、昨年の後半にいい出会いがあり、忙しいながらも「ほっこり」仕事をしています。仕事なのでそれだけでは済まないですが、「どんな雰囲気で、誰と仕事するか」がやはり一番大事だと改めて思う今日この頃です。目下の課題は、新規のご依頼に対応できる余裕を作ることですが、実現できるのは少し先になりそうです。

英和・和英 海外取引で使える会計・税務用語辞典

【単行本】

佐和周(著)、中央経済社

29年度税制改正後のタックス・ヘイブン対策税制

【単行本】

和周・菅健一郎 (共著)